類似の単語または同義語 コンピューター

コンピュータ    0.791606

オートメーション    0.646292

パソコン    0.638016

マイコン    0.634540

ロボティクス    0.602386

ハッキング    0.593809

マイクロコンピュータ    0.592318

クアンタ    0.591251

ソフトウエア    0.590038

シミュレータ    0.586579

類義語または同義語 コンピューター

Article Example
OK コンピューター トムの頭の中には、大々的にアルバム制作に取り掛かる以前から、今作に対する凝り固まったいくつかのアイデアがあったという。特にアルバム全体を貫く歌詞の象徴的な論旨については、アルバム制作時点から完成まで大きな路線変更はなかったとされる。逆に音楽的な面では二転三転し、制作半ばにおいて「いわゆる商品になるレベルにはとっくに達していたが、そこから三分の二近くをぶち壊して再構成することになった」(同/ナイジェルの証言)という。また、「ナイジェルがミキサーの前でいろんなパラメータをいじくって、トムがそれに対して偏執的に質問をぶつけているんだ。そしてある瞬間で「これだ、今の音だ」ということになるわけさ。傍から見ていると笑える光景だよ」「OK コンピューターは、素晴らしい土台の上にアクシデントを詰めて一時間にパックしたもの」という発言に裏付けされるように、ゴールを決めてそこに接近していくというよりも、ある種の実験性を伴って作品の制作が進められた。
OK コンピューター この時期に制作されたデモ音源は、数多くのアウトテイクとなり、ほとんどは何度もライブで演奏されつつ、大きくリアレンジされたり歌詞が全く変わったり、時にはタイトル以外全てが変わったりなどして、以降のアルバムに収録され続けている。
OK コンピューター アメリカのアルバムチャートでは初登場21位を記録し、自己ベストを更新。その後は圏外へと下がって行ったものの、年明けには100位以内に復帰し、最終的には発売からちょうど1年後にビルボード37位まで再浮上するなど、前作以上のロングセラーとなった。
OK コンピューター ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500(大規模なアンケートで選出)では162位(2011年現在まで活動している90年代以降のバンドのアルバムとしては、『ザ・ベンズ』に続いて2位)。
コンピューター・ナウ コンピューター・ナウ』は、1991年10月3日から1992年3月12日、および1992年10月16日から1993年3月19日までNHK教育テレビで放送されていた高校生向けの学校放送(教科:情報)である。出演者は坂村健(当時東京大学助教授)。
コンピューター・ワールド 社会へのコンピュータの進出を主題として製作された。ただし、本作にはコンピュータは用いられていない。
コンピューター・ワールド 注:日本語版の再リリースCDでは二曲目が「ポケット・カルキュレーター」となり、「電卓」はボーナストラックとなった。さらに2009年のリマスター版では「電卓」が除外され、英語版と同仕様でリリースされている。
OK コンピューター レディオヘッドの世界的な出世作となった。
OK コンピューター 驚異的なロングセールスの要因として、1997年のグラストンベリー・フェスティバルにおいて初めてフェスのトリを務めたことである。その圧倒的な評判で、後年のランキングなどでもこのライブはよく上位にランクインする。しかし本人たちは、諸々の事情で、心から楽しめた公演ではないと明かしている。
OK コンピューター 世界中で850万枚以上を売り上げ、現在も更新中。イギリスではトリプル・プラチナ、アメリカではダブル・プラチナに認定されている。結果的に、少なくともセールス的には、メンバーの心配は杞憂に終わった。